インテリジェンスフィールド合同会社

チームコーチングカンファレンス2014

10月19日(日)東京・永田町 星陵会館にて「チームコーチングカンファレス2014」が開催されとても盛況なイベントとなりました。御参加いただいた皆様ありがとうございました。

IMG_1565

日本におけるチームコーチングの認知度はまだまだ低いようですが、英国ではかなりメジャーな組織開発手法として広く活用されています。ピーター・ホーキンズが言う「組織戦略は組織文化というモンスターに毎日食べられている」という言葉はとても納得感があります。企業文化は最近のキーワードの一つです。

組織の風土や文化は誰が創っているのでしょうか? どうやって創っているのでしょうか?               7SでいうところのソフトのSに「Style」があります。「Shared Value」を挟んで、対局には「Strategy」が位置しています。ハードのSである「Strategy」は変えることはソフトのSに比べると簡単に変えることができると言われます。そしてとても注目され、重要視されます。しかし、対局の「Style」を認識して、双方を行き来しながら「Strategy」を策定する必要があるようです。

チームコーチングカンファレンス2014で事例として紹介させていただいたC社様の経営リーダーチームは、この「Style」に照準を合わせました。チームコーチングでソフトのSを開発しておくことで、その後「Strategy」「System」「Structure」を創っていくことは意外に近道のような気がします。