企業の組織・人材開発、プロジェクトマネジメントを支援する総合情報提供サイト「週刊インテリジェンスフィールド」
組織の「ありたい姿」の実現を支援するインテリジェンスフィールド合同会社代表・福田祥司のブログです。

週刊IntelligenceField

ODな仲間

2016/03/06

2014年10月から2015年3月の半年間 慶応MCCの組織開発クラスに参加しました。メイン講師は神戸大大学院の金井壽宏先生で、各回のセッションには、南山大学の中村和彦先生をはじめ企業の最前線で御活躍の組織開発にかかわる方々がゲスト講師としれ登壇され、毎回異なるテーマを探究する講座でした。なんとも贅沢な講師陣でとても、学びの深い講座で、理論と実践の統合ができました。3回目のAI((Appreciative Inquiry)の回では、東京大学の中原淳先生が見学に来られるなど、柔軟さと拡張性を感じるクラスでした。

IMG_6266

日本で本格的に組織開発を学ぶ場や機会はまだそんなに多くはなく、アカデミック且つ、実践面を学ぶことができる慶応MCCの組織開発講座はとても貴重な場であると思っています。当社のメインサービスである「チームコーチング」を組織開発の視点で評価でき、そこ効果性を改めて確認できたことも非常に大きな成果でした。
半年間組織開発(OD)を共に学んだ「ODな仲間」は、継続的に学びを続けることに価値を感じるメンバーばかりで、卒業後も定期的に集まりセッションを開催しています。慶応MCCのスタッフの方々もこのセッションの開催に積極的に協力いただきとても感謝しています。

IMG_6269

このセッション(アルムナイセッション)は幹事が毎回嗜好をこらしてセッションを設計してくれます。プロセスから学ぶ習慣を持つ同期生は、場とメンバーさえいれば、そこからお互いにさまざまな学びを得、提供しあうことが可能です。そんな「ODな仲間」に刺激され刺激を与え合いながらこのアルムナイセッションは継続開催されていきます。4日のセッションには、我々の次の期の方々も参加され、より拡張的な場になりました。今後もより一層、学びの輪が広がることを期待するとともに、「ODな仲間」に感謝しています。

昨今注目されつつある組織開発(OD)が企業現場で活用され、日本中の企業の成果につながることを願っています。