企業の組織・人材開発、プロジェクトマネジメントを支援する総合情報提供サイト「週刊インテリジェンスフィールド」
組織の「ありたい姿」の実現を支援するインテリジェンスフィールド合同会社代表・福田祥司のブログです。

週刊IntelligenceField

プロジェクトの質は経営の質

2016/05/01

経営の施策を実行する場合、プロジェクトを立ち上げて行われることが多い
企業は設計された組織体制に従い、各部門が業務分掌に沿って事業活動を行っている
経営状況を改善する、大きな経営目標を達成するといったこれまでにない取り組みを行う
必要があるとき、通常業務(定常業務)の中での改善レベルでは到底達成できないことが多い
ミッションクリティカルな専門の取り組が必要となる

そこで、目標を達成するために特命を帯びたプロジェクトが立ち上げられる
プロジェクトとは、有期性(明確な開始と終了がある)と
独自性(似たものはあれど唯一無二のものである)という特性を持っている
定義された業務を繰り返し実行する、定常業務とは明らかに区別される
また、プロジェクトは短期的な目標達成を目指し、定常業務は制度に沿って中長期的な
取り組みを行うものであるともいえる
レバレッジポイントを見つけ、そこに着目しスピード感を持って成果をあげる!

 

globalization

しかし、プロジェクトの特性を理解し、プロジェクトを成功させるために何が必要なのかを
理解している経営者は意外と少ない
大抵の経営者は、
「定常業務の一部だ」
「あるいはその延長戦上だ」
と認識したり、
「プロジェクトとはコントロールがきかず関わり方が難しい」
「あまり関与できない」
と考えている経営者は非常に多い
プロジェクトの意味は、経営課題を解決するために短期的な成果をあげるものであり、
企業経営の目標達成のスピードとその質を左右する重要な存在である
ある大手企業の経営者は「プロジェクトの質は経営の質そのものである」と言っている
まさにその通りである

プロジェクトの成功に経営の責任と参画は欠かせない
プロジェクトメンバーに任せて、何かあれば責任の取り方を考えればよいというものではない
プロジェクトマネージャーが全てを執り行うのではなく、
経営はプロジェクトマネージャーを
「いかに活き活きと活躍させられるか」
「その活躍の場をどれだけ与えられるか」
「十分にエンパワーメントできるか」
に責任を負うべきである

IMG_6459

しかし、プロジェクトマネジメントに関する研修や教育を受けたことがない
今更周りに聞けないという経営者が多いことも事実です

そこで、そのような経営者の皆さま向けに、
「プロジェクトマネジメントの特性とは何か」
「プロジェクト成功のために何が必要なのか」
「プロジェクトの成功は人を育てる最高の機会であること」
を習得していただく1日のセミナーを開催します

御案内までしばらくお待ちください